糖尿病予防〜睡眠編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当店でしか受けられないサービスを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

睡眠時間が短いと、胃から食欲を増進するホルモンのグレリンが分泌されます。

その量が上昇するにしたがい、食欲を抑制するホルモンのレプチンの分泌量が減少していく。

つまり、食欲が増して過食を招きやすくなる

しかし、睡眠時間が長すぎても糖尿病発症リスクは高まります

なので、短時間睡眠でも長時間睡眠でも発症リスクは高くなり

糖尿病発症後に合併症になりやすい人も、同様の傾向にある。

糖尿病予防に最適な睡眠時間はどれくらいなのか。

2005年、アメリカの内科学会雑誌に、睡眠時間と糖尿病の関係を調べた研究結果が報告されてました。

それによれば、78時間がもっとも有病率が低く、5時間以下がもっとも高いが、9時間以上も高かったという。

また、7時間睡眠が生活習慣病になりにくく、死亡リスクがもっとも少ないという研究もありました。

つまり、7時間前後が最適!!

あなたはしっかり睡眠できていますか?

当店の頭ほぐしを受けた日の夜は熟睡できたという声をよくいただきます!

眠り浅い方、寝てもスッキリしない方

7時間寝れてない方は是非ご利用ください!

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP