【#骨盤】一度は聞いたことのある坐骨神経痛について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

坐骨神経は、骨盤からでて足へ向かいますが、その際、骨盤の出口のところで、梨状筋という筋肉とのトンネルを通ります。

この筋肉は通常柔らかいのですが、負担がかかって硬くなってしまうと、おしりに痛みを起こしたり、側を走る坐骨神経をつぶしてしまいしびれがでてきます。

このような病気を梨状筋症候群といいます。

日常よくみかける病気ですが、診断、治療している病院が少ないのが欠点です。

おしりの外側あたりに痛みがあり、太ももの後面にかけてしびれがでることもあります。

長く座っていると症状は強くなり、歩くと楽になることもあります。

草むしりなどの中腰やゴルフなどのスポーツ、長時間の運転など、梨状筋に負担のかかるようなことで起こりやすいのですが、MRIやレントゲンなどの検査ではみつけることができません。

ほぐし屋かすがいの【#骨盤ストレッチ】では梨状筋にもアプローチしますので硬くなった筋肉をほぐしていきます!!

一度お試しください^^

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP