脳が睡眠を欲する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当店でしか受けられないサービスを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜寝ても途中で起きてしまったり、寝続けられない方、睡眠の質がよくないなと感じている方には

分割睡眠がおすすめです。

スティーブ・ジョブズなんかも、夜は4時間くらいしか寝ないけど日中は4回くらい仮眠を取っていたそうです。

眠たいのは、脳が睡眠を欲している証拠。その寝たい欲求が高まったときに寝ると、深い睡眠が取れると言われているんですよ。

また、学習後に睡眠をとることで記憶の定着が進むという報告が、複数の学者からされています。

なので徹夜で詰め込むよりは、少しでも寝たほうが効率的だと思いますよ。

勉強などの「エピソード記憶」は、レム睡眠(脳が活動している浅い睡眠)中に固定されると言われています。

さらに、ノンレム睡眠(脳の活動が低下する深い睡眠)中には、逆にイヤな記憶が消去されるとも言われています。

人は眠りに落ちたあと、ノンレム睡眠とレム睡眠を、4~5回の周期で繰り返します。

この周期のなかでもっとも深いのが入眠直後のノンレム睡眠です。

先ほどお話しした「イヤな記憶の消去」も、この最初の90分で起こると言われています。そして脳が睡眠を欲している欲求が効率よく解消されるのも、入眠直後の90分。

最初の90分で深い眠りにつければ、たとえば短時間しか寝られなくても、すっきりと朝を迎えられます。

逆に言うと、寝る時間がない日こそ、絶対に90分の質を下げてはならないんです。

そのポイントは「体温」です。

体温は、「皮膚温度(体の表面の温度)」と「深部体温(脳や臓器など、体の内部の温度)」のふたつに分けられます。

特に大事なのが「深部体温」。昼間は高く、夜にかけて低くなるので、深部体温が下がることが身体にとっての“寝る合図”になります。

なので、寝る前にストレッチや白湯、お腹を温めたりするのが良いと思います。

また分割睡眠で当店の頭ほぐしを活用するのもおすすめです!!

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP