続編。「骨盤を立てる」・・・ダイエット効果あるかも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼精疲労、ヘッドマッサージ でお探しの方
春日井マッサージ でお探しの方

ぜひほぐし屋かすがいにお越しください。

ご予約は営業時間内にお電話にてお受けしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

先日

「骨盤が立っている」というのは「骨盤が正しい位置にある」というお話をさせていただきました。

骨盤を立てる座り方が出来ていないと言うことは、骨盤が後に傾いた状態になっており、重たい上半身を支えることが難しくなります。

そのため背骨をまるめることで頭を前にし、バランスを取ることになります。

それが正しくない「悪い姿勢」を作ってしまいます。

姿勢が悪い状態で仕事をするのが習慣化してしまうと、骨盤や背骨の歪みにつながります。

ここまでが簡単なおさらいです。

「骨盤が立っていない」「太りやすい体型」。

一度どこかで聞いたことがあるかもしれませんね。

通常、骨盤は内蔵を支えています。

つまり骨盤の上に内蔵が乗っかっている状態にあります。

ところが、骨盤を立てる座り方をせずに、身体に負担のかかる姿勢を続けていると前述したように骨盤が歪んでしまいます。

骨盤が歪んでしまうと、骨盤の上に乗っている内蔵が下へストンと落ちてしまい、骨盤の中に内蔵が集合してしまう状態になります。

その結果、代謝や血流が悪くなり、「太りやすい体型」や「下半身太り」を引き起こしてしまうのです。

逆に、正しい骨盤を立てる座り方をすることでダイエット効果も・・・。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP