実践しよう!良く聞く「骨盤を立てる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼精疲労、ヘッドマッサージ でお探しの方
春日井マッサージ でお探しの方

ぜひほぐし屋かすがいにお越しください。

ご予約は営業時間内にお電話にてお受けしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

骨盤を立てると言っても、どういった状態が骨盤が立っている状態なのかわかっているようで正しくできていない方が多くいます。

「骨盤が立っている」というのは「骨盤が正しい位置にある」ということなのです。

つまり、骨盤を立てることで、正しい姿勢を作る事ができるのです。

椅子に座った状態でも、骨盤を立たせることで、骨盤が正しい位置にある姿勢で座ることが出来ます。

例えば、

デスクワークなどで、骨盤を立てない状態(骨盤が倒れた状態)で長時間重たい頭を支えながら椅子に座っていると骨盤に負担がかかり、そこから連鎖反応のように腰痛、肩こり、疲労などの原因となっていきます。

また、脚を組む向きがいつも同じ方、左右に偏って体重を掛けてしまっている方も注意が必要です。

ひどい時は骨盤が歪んでしまいます。

骨盤を立てる座り方が出来ていないと言うことは、骨盤が後に傾いた状態になっており、重たい上半身を支えることが難しくなります。

そのため背骨をまるめることで頭を前にし、バランスを取ることになります。

それが正しくない「悪い姿勢」を作ってしまいます。

姿勢が悪い状態で仕事をするのが習慣化してしまうと、骨盤や背骨の歪みにつながります。

骨盤や背骨の歪みが深刻化してしまうと矯正することが難しくなってしまうので、姿勢が悪い状態で仕事をしていると自覚がある場合はすぐに骨盤を立てた正しい座り方に切り替えましょう。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP