揉み返し??好転反応??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼精疲労、ヘッドマッサージ でお探しの方
春日井マッサージ でお探しの方

ぜひほぐし屋かすがいにお越しください。

ご予約は営業時間内にお電話にてお受けしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

揉み返しと好転反応の違い

揉み返しと違い好転反応は施術によって体のバランスが整えられる際に起こる症状です。

施術によって今まで体の歪んでいた部分が直され、その反動で体のだるさや眠気といった好転反応の症状が出てきます。

つまりは、揉み返しは体が傷ついている警告のサイン、好転反応は体が正常な状態に戻ろうとするための反動で起こる症状と覚えると良いでしょう。

もう少し詳しく好転反応を見ていくと

症状が改善される前に起こる一時的な痛みや不快感は、好転反応と言って23日で楽になります。

血行が良くなり老廃物を排出しようとする動きに由来するので部分的に痛みが出るのではなく、倦怠感とか眠気、頭痛、下痢など全身に影響が出たり、部分的であっても重だるさを感じます。

揉み返し

筋肉を強く揉みすぎて筋繊維とか筋膜が損傷して炎症を起こしてる状態で、痛いという感覚があります。

痛みとか重さが1週間くらい続いたり、痛みや重さが取れても症状が改善されていない、または悪化しています。

揉んだりした場合、特に首や肩だけを揉んだ場合、血行が良くなって頭に血が多く流れた場合に、頭痛とかのぼせた感じになる場合があります。

これは一時的で数時間か1日で治るので好転反応です。

全身を揉んだ場合しばらくするとだるくなり、眠くなる時がある。

これも好転反応です。

見分ける方法は

好転反応は次の日は痛くても23日で楽になります。

触ると痛いけど、動かしても痛みはない、又は少しだけ軽く動く。

揉み返しは1週間くらい重い感じが残ります、動かしても痛みはありません。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP