”無性に食べたくなる”には理由があった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当店でしか受けられないサービスを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・甘いものが無性に食べたいとき

心身が疲れているかも

糖分は素早く体内でエネルギーに変わるため

素早くチャージしようとしている

タンパク質が足りていない可能性が高いので

甘いものが食べたいときは、

大豆製品や鶏のササミなどがおすすめ!

・チョコレートが食べたいとき

糖分が足りてないかもと思いと思いますけど

チョコに限定されている場合はマグネシウムが不足

不足していると疲れやすくなる、頭も回らなくなる

マグネシウム不足はナッツや海藻類を積極的に摂ると良い

・辛いものが無性に食べたいとき

ストレスが原因かも

イライラが募ると体は無意識に別の刺激を求めて誤魔化そうとしている。

実際に辛いものは脳を活性化させてストレスを抑制させたり、体の代謝を上げる効果があります。

・酸っぱいものが無性に食べたいとき

体が疲れています

クエン酸回路(エネルギーを作る)がうまく機能していない。

梅干し、黒酢、柑橘系が疲労回復効果を高めてくれます。

 ・油っぽいものが無性に食べたいとき

カリウムが不足

 普段あまり揚げ物食べないのに無性に食べたくなったら可能性大。

スイカ、ブロッコリー、アボカド、納豆などがカリウムを多く含んでいる食材です。

アボカドは栄養価も満足感も高いのでおすすめです!

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP