「寝る前や夜中に炭水化物をとると太る」はウソ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労ケア×ボディコース」

ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話

もしくはホットペッパー(24時間)からの

事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラクゼーション 春日井NO.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寝る前や夜中に炭水化物をとると太る

と思っている人が多いと思いますが、それは誤解です。

太るかどうかは総摂取カロリーによるので、

夜食べようが、昼食べようが、朝食べようが、太る率は変わらないという研究があります。

本当に、まったく変わりません。

さらに、炭水化物は夜食べたほうがいいという研究もあります。

寝る2時間前に、おにぎり1個ぶんの糖質をとると睡眠の質が上がり、よく眠れるようになるというのです。

これは、成長ホルモンが分泌に関係あります。

なので、ダイエットをしている人も、ある程度は糖質をとったほうがいいです。

寝る2時間前に糖質をとると、よく眠れるようになりやせます。

また、キウイを2個食べると睡眠の質が上がるという研究もあります。
(僕も食べてます。以前にもこのお話はしましたのでみてみてください!)

夜に糖質をとってはいけないというのは完全に迷信です

むしろ糖質をとらないと睡眠の質が下がり、仕事に支障が出て、

メンタルも病むので、いいことは何もありません。

そもそもの話、
人が太るのは炭水化物の量ではなく、総摂取カロリーによるということです。

ご飯を食べなければ、そのぶんカロリーが減るわけですから、当然やせます。

結局、やせたいのであれば、食べる量をどう減らすかということになるのです。

ただし、我慢していると無理が出るので、我慢はしないほうがいいです。

ダイエットで大切なことは、次の二つです。

・自然に食欲を減らす方法を考える

・食欲がわきやすい食べ物や生活を減らす

食欲が暴走しやすくなるものをカットし、食欲を抑えてくれるものを増やす、

ただこれだけです。

食欲が増える原因の一つが脂質です!

なので、炭水化物より脂質を抑え、健康的に総摂取カロリーを減らしましょう。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP