意外と知らないウォーキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

頭ほぐしだけじゃない 地域NO.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

有酸素運動で思い浮かぶものとしてウォーキングが出てくる方が多いと思います。

しかし、ただウォーキングのことを知ってから歩くと効率が上がってきますので

意外と知らないウォーキングについてです。
(※ただ歩くのは散歩です。)

食前(空腹時)またはご飯を食べてから長時間立った時は血中の糖分があまり高くないため、トレーニングを始めてすぐに効率よく脂肪を消費し始めてくれます

ただ、空腹時が長く続いてしまうと、筋肉の分解が行われてしまいます。

エネルギー切れを避けるために、トレーニング30分前にバナナやヨーグルト、果物といった吸収率の高い食品を少しだけ食べておきましょう。

ただ、

ウォーキングは食前がベストと言いましたが、結局はタイミングなんていつでもいいと思います。

自分の好きなタイミングで行うことが自分に最も負担のかからない最高の瞬間です。

しかし、

食後すぐは消化不良を起こす可能性もあるため、できるだけ避けることをおすすめします。

~ポイント~

有酸素運動は取り組み始めてから20分間は脂肪よりも糖質を多く消費すると言われています。

そして20分を超えた位から糖質メインだった消費が脂肪へと変わり、脂肪をエネルギーとして吸収し始めます。

ただし、5分でも10分でも脂肪は燃焼します

ダイエットを目的にウォーキングに取り組む方は20分以上を目安に取り組んだ方がいいでしょう。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP