顎の◯◯が顎トラブルの原因!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あたまほぐし(ドライヘットスパ)であごも目も癒す

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

口が開きにくい、口を開けるときに痛む、あごの関節から音がする。

このあごのトラブル「顎関節症」。

その正体は、あごの筋肉の「こり」でした。

あごには、下あごの骨を上下に動かすための様々な筋肉が備わっています。

それらの筋肉が、パソコンやスマホに代表される集中作業やストレスによる「かみしめ癖」によって、徐々に凝り固まることで、口が開きにくくなったり、筋肉に痛みを生じたりするのです。

さらに、筋肉の異常な動きは、関節の間にある関節円板のズレまで引き起こし、関節自体にも痛みや音を生じさせるといいます。

チェック法として

顎関節症の診断基準で、口の開きにくさ(開口障害)の目安として用いられているのが、「口が縦に35~40mm以上開くか」です。

おおよそ指を縦にして(第2関節まで)3本程度に相当します。

指の太さには個人差がありますので、あくまでも「目安」です

セルフケアとしては

咬筋(あごの付け根の筋肉)のマッサージ

側頭筋(こめかみ付近にある筋肉)のマッサージ

口を大きく開けるストレッチ

開口時に痛みがある場合は、無理をしないでください。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP