コラーゲンを食べるといいことあるのか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お肌の代名詞、コラーゲン。

コラーゲン鍋やお料理などでとる時に、特に美容に興味のある方にとって気になるのは「食べると体にいいことあるの?ないの?」

実は今、この疑問に関連した様々な研究が世界で行われています。


「効果が認められない」とする研究も多い一方で、「肌の再生に役立つ」などの新しい可能性も指摘され始めています。


もちろんコラーゲンは食品です。

薬のような効果が保証されるものではありません。

ヒトに対してどれほどの働きがあるのかも、まだまだ研究途中の段階です。

コラーゲンは食べても、胃や腸などでバラバラに分解されてしまいます。

「じゃあ意味ないのでは?」

と、思いますが、

実は「食べたコラーゲンは体の中で興味深い働きをするらしい」ということが、研究で分かってきました。


それは、胃や腸で分解されきらなかったコラーゲンの破片(ペプチド)が体に吸収され、それが、体にキズや肌にダメージがある人の場合、体内でコラーゲンを作る線維芽細胞(せんいがいさいぼう)の増殖に役立っているのではないか、というものです。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP