【骨盤底筋】という言葉を最近よく耳にしませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

「骨盤底筋」という言葉を最近よく耳にしませんか?

いわゆるインナーマッスルの一部です。そもそも、「骨盤底筋」というのはいくつもの筋肉が集まった総称で、骨盤のなかで内臓を支えているいくつかの筋肉のことで、「骨盤底筋群」と呼ぶこともあります。

排尿、排便のコントロールする役割を担っています。

もう少しわかりやすくお話しすると

インナーマッスルというとダイエットのイメージがありますが、それだけでなく「骨盤底筋群」の機能が低下すると、さまざまな影響を及ぼします。それは、主に、「尿漏れ」、「便秘」などがあります。

どれも加齢や出産後に多い症状だといわれていますが、最近は、出産経験のない若い女性にも増えていて、30代女性の半数が「尿漏れ」したことがあるという調査もあります。

これはのちほどくわしく、ご説明しますね。また、骨盤底筋を鍛えると、胃下垂によるポッコリおなかや、子宮や直腸が膣から脱出してくる疾患「骨盤臓器脱(性器脱・子宮脱・膣脱)」などの予防にもなり、鍛えて損のない筋肉です。

男性の場合、骨盤底筋は、膀胱と腸(結腸)を支えます。

尿道と肛門は、骨盤底筋を通ります。

骨盤底筋は、膀胱と腸をコントロールする役割を果たしますので是非鍛えておきましょう^^

関連記事一覧

PAGE TOP