疲れている時ほど運動!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当店でしか受けられないサービスを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

疲れているときに運動すると身体によいのです。

運動するとなぜ疲労が回復するのでしょうか。

その答えは以下の5つです。

1.成長ホルモンが分泌される

2.睡眠が深まる

3.血流が改善し疲労物質が押し流される

4.ドーパミン、セロトニンが整い精神的疲労が回復する

5.コルチゾールが低下しストレスが発散される

このような機序で、脳と身体の疲労回復が進むのです。

サラリーマンの場合、デスクワークによる疲労は、肩まわり、首まわりの筋肉の局所的な疲れです。

しっかりと全身の筋肉を使った有酸素運動をすることで、成長ホルモンが分泌されたり、血流改善効果が得られたりと、局所の疲労が回復します。

アスリートは、毎日ハードなトレーニングをしますが、翌日に疲れを残しません。

なぜならば、たっぷりと成長ホルモンが分泌されるので、バッチリ疲労回復をするためです。

運動強度としては、やや強度の高い(中強度)有酸素運動を30~45分。

筋トレと組み合わせると、さらに成長ホルモンが分泌されます。

ほどよい疲れと、気持ちの良い汗が流れるくらいの運動がいいでしょう。

仕事帰りにジムに寄って汗を流す。

そこには、運動による気分転換、運動不足解消、ダイエット効果だけではなく、疲労回復という極めて重要な効果が隠されていたのです。

ただし、寝る前2時間以内に運動すると、交感神経を優位にするのでよくありません。

寝る前はストレッチをすることやデジタルデトックスをしておくとより良い睡眠を獲得できます!

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP