糖尿病予防〜食事編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当店でしか受けられないサービスを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本人は、座っている時間が世界でもっとも長いと言われている。

その大半はデスクワークであり、これを減らすのは難しいだろう。

さらに、コロナ禍で在宅ワークが増え、ますます歩く時間が少なくなっている。

このままでは、日本は糖尿病大国になってしまうのではないかと言われています。

食事面から予防!!

間食に摂られるものはスイーツ・菓子・果物などが多いが、これらは糖質のなかでも果糖を多く含む。

果糖は1100g以内なら、血糖上昇や体重増加をさせないが、摂りすぎると糖尿病を悪化させる。

夕食後に果物を食べるのは、なるべく避けていただきたい。

果物に含まれている果糖は過剰に摂取すると、肝臓で脂肪の合成を促進し、肥満や脂肪肝を来たします。

夕食後ではなく、朝食・昼食時に手のひらに収まるくらいの量が最適です!

糖尿病予防を考えた場合、糖分を多く含む炭酸飲料・ジュース・缶コーヒー(加糖)などの清涼飲料水の常飲は避けるべきだ。

これらには、果糖やショ糖などが多く含まれている

腸にはさまざまな種類の腸内細菌が生息していますが、人工甘味料を多く摂取すると、いわゆる『デブ菌』が増えることもわかっています。

なお、『ゼロカロリー』は栄養表示基準にもとづいて、100mlg)あたり5kcal未満の食品に対して表示することができます。

つまり、『ゼロカロリー』でも、多量に摂れば一定のカロリー摂取になってしまうのです

食事面は少し気をつければ習慣化できそうですね!

どこまで行っても運動も大切なので意識的に大股歩きをするなどしてみると良いと思います!!

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP