肌トラブル編〜睡眠とビタミン〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労ケア×ボディコース」

ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話

もしくはホットペッパー(24時間)からの

事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      ワンランク上のリラクゼーション

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

肌は日々寝ている間に細胞分裂と再生を繰り返し、修復されています。

日中受けたダメージを残すことなく、肌荒れを予防するには“質の高い睡眠”が必要です。

肌のゴールデンタイムとして22時~翌2時の間に寝ているといいとされています。

しかし、

大切なのは、同じ時間帯に寝る習慣です。

いつも規則正しい時間に寝ていることで体内時計が整って、肌を育む成長ホルモンがより分泌されやすくなるからです。

毎日6~7時間以上はぐっすり眠るように心掛け、休日の朝寝や夜更かしも避けた方がいいでしょう。

スマホやパソコン、テレビなどの光は入眠を妨げるだけではなく、光老化の原因になることもあります。

ビタミンB2やビタミンB6の摂取は神経緩和に働きかけ、睡眠のサポートに役立ちます。

ビタミンB2

うなぎ/牛・鶏・豚のレバー/サバなどの青魚/アーモンド/納豆/卵/乳製品 など

ビタミンB6

豚肉/ハム/うなぎ/海苔/豆類/小麦胚芽 など

関連記事一覧

PAGE TOP