カフェインについて まとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気の「頭ほぐし×眼精疲労ケア×ボディコース」

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラクゼーション 春日井NO.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カフェインについて

目が冴えるという誰もが経験ある作用。

・薬理的には、アデノシンを阻害することで覚醒を促します。

40-300mgのカフェインを摂取することで疲労低減や覚醒の効果が得られる事が示されました。この効果は寝不足な時により強く得られます。

長期間(研究では5時間睡眠を5日間)の睡眠不足による集中力低下はリバースできないとされています

夕方以降にカフェインを取ると睡眠の質が下がります

運動のパフォーマンス向上に効果があります

・ボート漕ぎのパフォーマンスも向上するようです。試合前に2000mgの服用です

鎮痛効果

100-130mgのカフェインを鎮痛薬に加えると、鎮痛効果が高まった

・カフェインを飲むと一過性に血圧が上がりますが、脳卒中などとの関連はない

副作用があります

・取りすぎる(1.2g以上など)と不安、頭痛、振戦、興奮が生じます。10~14g以上取ると致死的ともいわれています。

(コーヒーを飲みすぎて致死的になることは普通ありません。70杯以上必要です。むしろエナジードリンクの方が、、、)

・毎日カフェインを取っている方が急に止めると離脱症状をきたします。頭痛、疲労感、鬱など。

1-2日がピークで、1週間くらいで治ると言われている)

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP