週末の過ごし方で月曜日のダルさが減る!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気の「頭ほぐし×眼精疲労ケア×ボディコース」

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラクゼーション 春日井NO.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やっと来た週末

土曜日はお昼ごろまで寝るのを楽しみにしている方も多いと思います。

平日は仕事や家事で忙しいため、 自分の時間や睡眠時間を十分に確保しづらい

その代わりだいたい金曜日は時間を気にせずにお酒を飲んだり、YouTubeSNSを見続けたり、趣味に没頭したり、ひたすらダラダラ過ごしたり。

土曜日や日曜日に昼近くまで寝て(平日でいう朝寝坊状態ですねw)

日ごろの睡眠不足を補うことが多いそうです。

そして、皆さん

「月曜日は朝から体がダルくて、、」

とおっしゃいます。

それもそのはず、「週末に寝だめ」をすると、月曜日からダルくなりやすいのです。

これは、週末の朝寝坊が原因。

人間の体内時計は「24時間と少し」です。

そして私たちが午前中に太陽の光を浴びることで、「地球の1日=24時間」の周期に体内時計がリセットされて健康的に暮らすことができています。

逆に遅寝遅起きなどで、地球の24時間の周期に体内時計を合わせられない時期が続くと昼夜が逆転してしまうことがあります。

体内時計は 体中にあり、メインである時計は脳の視交叉上核にあります。

また、サブの時計は胃腸などの内臓はもちろん、血管、肌、髪の毛などさまざまな細胞の中にあります。

週末に極端な朝寝坊をするなど不規則な生活をすると、メイン時計はもちろん体中のサブ時計が気ままなリズムで動いてしまうためにすぐにホルモンバランスが崩れてしまいます。

その結果、体温、メラトニン分泌、睡眠と覚醒のリズム、代謝リズムなどさまざまなリズムがバラバラになることで、ダルさを引き起こしてしまうのです。

そうならないために

原則

朝は日光で起きる

お昼寝 (お昼寝は寝過ぎないように)

当店では

頭ほぐしの時間で贅沢なお昼寝を提供してます!!

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP