その方法間違えてない??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背・骨盤からの首肩のだるさ、腰の重だるさ、眼精疲労に

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラクゼーション 春日井NO.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜食べすぎるのは良くない

と、夕食を軽めにしたり、抜いたりするダイエットに挑戦されている方も多いと思います。

「夕食は軽めにおにぎり1つ、パン1つにしておこう」という方は要注意です。

このメニューでは糖質に偏ってしまって、タンパク質やビタミン、ミネラルが不足してしまいます。

寝ている間に、体内では記憶の整理や細胞の修復などが行われるため、夕食でこれらの栄養素をとっておく必要があります。

食事量を軽めにする場合でも、おかずや副菜を食べることが大切です。

個人的なオススメですと

具だくさんの汁物

具だくさんの汁物のメリットは、具材がたっぷりとれることと、栄養も逃さずとれることにあります。

豚汁、けんちん汁、ミネストローネなど野菜と肉、豆腐などタンパク質が一緒にとれるものにすれば、おかず兼汁物の役割を果たすことができるので、忙しい方にもおすすめです。

温かい汁物は過剰な食欲も抑えてくれる効果があるので、空腹状態の時には汁物から飲んで気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

また、

おなかがすいて間食が多くなってしまう方は、食事の量が足りていません。

今一度食事量を見直す必要がありです。

おなかが鳴ったり、空腹感を感じることは大切なことですが、ダイエットの基本は食事。

間食はあくまでも、食事からとり切れない栄養を補うサポート的な役割と考えましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP