温熱療法をセルフケアで実施する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背・骨盤からの首肩のだるさ、腰の重だるさ、眼精疲労に

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラクゼーション 春日井NO.1へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一般的に温めると聞くと入浴やカイロなどが浮かびます。

医療現場で行われる温熱療法には、「ホットパック」「マイクロ波」「赤外線」「超短波」などがあり、多くの病院や治療院で使用されています。

主な目的としては、疼痛緩和・軟組織柔軟性向上・血行の改善・代謝亢進・浮腫軽減・リラックス効果などがあります。

温熱療法は、痛みの原因となる患部を温めて血行を良くすることで、筋肉の緊張を緩和する効果があります。

慢性的な腰痛や肩コリに効果的です。

温熱療法は、自宅でもセルフケアとして行うことができます。

①蒸しタオル
水で濡らしたタオルを軽く絞り電子レンジ500Wで約1分加熱すると蒸しタオルの完成です。タオルのままだとすぐに冷めてしまうので、ジップロックなどに入れて熱が逃げないようにしてください。火傷の危険性があるためタオルで巻いて患部に当てることをおすすめします。使用する時間は15~20分程度が目安です。

②入浴
入浴すると全身の血行が良くなるため、全身のコリの改善や疲労回復につながり、リラックス効果もあります。ぬるめのお湯(3840℃)でみぞおちくらいまでの深さにしましょう。深く浸かってしまうと水圧の作用により心臓への負担が大きくなってしまいます。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP