なぜ寒暖差で肩こりが出るのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「ヘッドスパ×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 春日井でヘットスパといえば ”ほぐし屋かすがい”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寒暖差が大きいと、倦怠感や肩こり、頭痛、めまい、不眠などの症状が出やすくなるといいます。

これが寒暖差疲労です。

・5~7度の寒暖差は注意

・7度以上の寒暖差は危険

寒暖差が大きいと体温調整をする自律神経の機能が乱れ、これが体調不良の原因になるそうです。

夏に汗を十分かいていない人は、この自律神経が衰えている可能性があり、特に注意が必要だということです。

寒暖差が激しいことで、なぜこういった症状が出るのかと言うと

自律神経はレバーのような役割をしていて、暑いときには体温を下げようと血管を広げたり、筋肉を緩めることで熱を逃がそうとします。

一方、寒いときには体温を上げようと血管を収縮させ、筋肉を固くすることで、熱が逃げないようにします。

寒暖差が大きいと、レバーの役割を果たす自律神経は過剰に働きます。

それが、疲労につながってしまうということです。

興奮状態の自律神経を整えるのはリラックスするのが一番です。

あなたがリラックスできる環境、方法を試してみてください。

深呼吸や入浴などはでがるにできると思います。

アロマもその手助けになります。

関連記事一覧

PAGE TOP