タイプ別脂肪 〜チェック方法〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

頭ほぐしだけじゃない 地域NO.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

肥満には、主に皮下脂肪型肥満内臓脂肪型肥満の2つのタイプがあります。

皮膚のすぐ下、腹筋の外側につく皮下脂肪が多くたまっているのが、皮下脂肪型肥満です。
皮下脂肪型肥満の場合、下腹部やおしり、太ももにつきやすいため、下半身太りの体型になります。

一方、

腹筋の内側、腸などの周りにつく内臓脂肪が多くたまっているのが、内臓脂肪型肥満です。
内臓脂肪型肥満の場合、へそ周りがぽっこりと出た体型になります。

一般的には、女性が皮下脂肪がつきやすく、男性は内臓脂肪がつきやすいという特徴があります。
ただし、閉経後の女性は、次第に内臓脂肪がたまりやすくなります。

ちなみに、

腹囲が、男性は85cm以上、女性は90cm以上あると、内臓脂肪型肥満の可能性が高いといえます。

(皮下脂肪はBMIをチェック)

 

次回予告

皮下脂肪、内臓脂肪の落とし方、、、

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP