妊娠時の腰痛が辛い、、、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

 

と、

言う相談がプライベートでありましたので
ここでシェアさせていただきます!!

 

出産の準備のために分泌されるホルモンの影響で赤ちゃんが産道を通りやすいよう、骨盤の靭帯をゆるめる作用があります。

骨盤のつなぎ目の関節(仙腸骨の靭帯や恥骨結合)がゆるむことで腰や背中の筋肉に負担がかかり、痛みが起きやすくなるのです。

妊娠中期になると次第にお腹もふくらむので、重心が前にかかる状態になります。

妊婦さんはバランスをとるために反り返った姿勢になり、さらに腰への負担が増すことになります。

どちらも腰椎や骨盤を支える筋肉の負担になり、痛みを引き起こす原因になります。

腰痛の予防・緩和のために日常で心がけたいことは、

正しい姿勢を心がける

腰に負担をかける行動を避ける

適度な運動を行う

骨盤ベルトなどで腰を支える

痛みがある時に無理に動くことはありませんが、ずっと同じ姿勢でいるのもよくありません。

できるだけ正しい姿勢を意識して、適度に動くようにするのが大切です。

 

より具体的なことはまた、ご質問ください^^

また、他にも聞いてみたいことご相談事はコメントやDMお待ちしてます!

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP