#腰痛 【中殿筋】のことを書いていたら【腰方形筋】の話になっていた件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

「いつも片側だけ腰が痛い」とか、「ぐいっとひねると腰にズーンと響く」といった慢性腰痛には、体の「左右差」が関わっています。

腰の高さが違う、横座りが片方だけうまくできない。

左右差によって硬くなった筋肉を伸ばし、弱くなった筋肉を鍛える体操をしっかり続ければ、つらい腰痛も根本解決が可能です。

一つの腰痛の原因、「左右バランス」について

腰の高さが左右で違うなど、左右バランスの崩れがある人はとても多いです。

前後バランスの崩れによる腰痛は「腰全体が痛い」のに比べて、左右バランスの崩れによる腰痛には、「片側だけ」とか「ひねったときに特に痛い」という特徴があります。

今は腰痛でなくても、左右のバランスが崩れている人は、少し運動したり疲れがたまったりすると、腰痛になる可能性が高いです。

発端はお尻の外側にある「中殿筋」が弱くなることにあります。

中殿筋は脚の付け根の股関節を開く働きをし、立ち方、スポーツの影響などで緩みやすい筋肉。股関節を開くだけでなく、立っている状態では骨盤を地面方向に引っ張るようにも働きます。

だから、中殿筋が弱ると骨盤が上に持ち上がるんです。

すると一気に負担が増すのが、骨盤から腰椎をつなぐ平行四辺形の「腰方形筋」。

中殿筋が働かないものだから、腰方形筋ばかりが頑張って、骨盤の位置を安定させようと硬直した結果、腰痛が現れます。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP