*マニアックな話【梨状筋】とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

梨状筋はお尻の奥(いわゆるインナーマッスル)にあります。

これは座っていると上半身の重さで筋肉が圧迫され、
デスクワークでよく座った姿勢が多い方は負担がかかりやすい筋肉になります。

筋肉に負担がかかり続けると筋肉内の血管は圧迫されて血管から酸素や栄養素をもらえない状態が続きます。

もう少し細かく、詳しくお話ししますと

股関節を外旋する際に重要な役目を果たし、小臀筋と同様、下肢痛を引き起こす代表的な筋肉です。

関連痛は、臀部の外側方から仙腸関節付近に放散します。

重症化(慢性化)すると、ももの裏側(大腿後面の近位2/3以上)にまで拡大することがあります。

梨状筋の硬さは、筋の酷使・長時間の短縮、仙腸関節捻挫、股関節炎などにより発生します。

例えば、急激な運動・過負荷、車の長時間運転で損傷すること

特徴的な症状では

軽症のうちは、梨状筋周囲の痛みや臀部から大腿後面の痛みですが、重症化(慢性化)すると、拘縮によって坐骨神経を圧迫し、梨状筋症候群と呼ばれる、臀部痛および坐骨神経痛様の症状を呈します。

ほぐし屋かすがいの骨盤ストレッチで梨状筋にもアプローチ!!

関連記事一覧

PAGE TOP