寒暖差に疲れる体を整える方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「ヘッドスパ×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 春日井でヘットスパといえば ”ほぐし屋かすがい”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寒暖差が大きいと、倦怠感や肩こり、頭痛、めまい、不眠などの症状が出やすくなるといいます。

これが寒暖差疲労です。

・5~7度の寒暖差は注意

・7度以上の寒暖差は危険

と言われていますが、

自律神経は過剰に働かせないためにはどうすればいいのか。

普段からトレーニングして過剰に働かせないように鍛えましょう。

・適度な運動で汗をかく

・入浴で汗をかく

・過度な暖房を控えて寒さに慣れる

ジョギングやストレッチなどの適度な運動や入浴で汗をかくことは、体温を下げる働きを促進することで、自律神経を鍛えます。

また過度な暖房で気温を一定に保つことは、自律神経の衰えにつながります。

寒さに体を徐々に慣らすことで、適度に自律神経を使った方がいいということです。

疲れを感じているのであれば頭から手足の先までしっかりほぐすのもリラックスでき、整いやすいと思います。

関連記事一覧

PAGE TOP