眠りが浅い方へ〜対策編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「ヘッドスパ×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当店でしか受けられないサービスを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

対策

眠りを深くするためには、脳を覚醒させずに眠らせるということがポイントになります。

自分の身体にあった寝具やパジャマを使用することに加えて、夏場は約25℃~26℃、冬場約22℃~23℃、湿度は50%~60%にしていきます。部屋は極力真っ暗にしてカーテンなどで外の月明かりが入ってこないようにします

明かりを感じると脳が夜ではないと思い込み、眠りを浅くしてしまうからです。

また、夜食など眠る前に満腹となることも、消化のために脳が覚醒するためノンレム睡眠に移行できずに眠りが浅くなります。

夜間のランニングや筋力トレーニングなども控えておくとよいでしょう。ストレッチなどリラックスしながら体を温めるのが良いです。

関連記事一覧

PAGE TOP