自律神経と肩こり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「ヘッドスパ×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 春日井でヘットスパといえば ほぐし屋かすがい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

循環、呼吸、消化、体温調節、内分泌機能や代謝など身体の機能をコントロールする自律神経には、興奮状態に働く交感神経と、休息状態に働く副交感神経神経があります。

このバランスが乱れると身体にさまざまな不調をきたします。

その一つが肩こりです。交感神経が優位になって血管や神経が緊張状態になり、血流がギュッと締まって縮まることで筋が固まって肩こりが起こります。

特に多いのが首周囲のこりです。

僧帽筋という筋肉で頭を支えているため、僧帽筋近辺がこりやすくなります。

ひどくなると後頭部が痛くなり、頭痛に発展することもあります。

血行不良になると、筋肉がむくんでうっ血し、代謝産物が蓄積して痛みや張りが起きます。

そして、その張りが血管を圧迫し、より血行不良になるという負のスパイラルに陥りがちです。

この悪循環を断つために、血行を良くする対策が必要です。
そうすることで結果的に痛みの軽減につながります。

血行を良くするためには当店の頭ほぐしや温活、アロママッサージがとても好評です!!

関連記事一覧

PAGE TOP