寝付きのメカニズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当店でしか受けられないサービスを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寝るときのメカニズム

眠気を感じる頃から副交感神経が優位の状態に切り替わり、リラックして血圧や脈拍数が下がり、呼吸も緩やかになって自然に眠りにつきやすくなる。

一方で、眠ろうとするときに緊張や不安、興奮などがあると、交感神経が優位の状態が続き、体がリラックスした状態に切り替わらないため、なかなか寝つくことができない。

(寝る前のスマホなど)

つまり、寝る前に、体がリラックスした副交感神経が優位の状態にする必要があります。

すぐ実践できる事としては

・寝床につく2時間ほど前までに入浴

38~41℃程度のお湯に入ると、副交感神経が優位になる。

・深呼吸

ゆっくり息を吐くことを意識しましょう

当店の頭ほぐし×ボディーも寝落ちされる方多いのでオススメです

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP