ぐっすり睡眠をとると疲れがとれるのは、睡眠中の、、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当店でしか受けられないサービスを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぐっすり睡眠をとると疲れがとれるのは、睡眠中に「成長ホルモン」が分泌されるからです。

成長ホルモンは、言い換えると「疲労回復ホルモン」です。

寝る前2時間以内の食事は、睡眠の質を著しく低下させます

なぜならば、成長ホルモンが出なくなるからです。

成長ホルモンは「血糖値を上げる」効果があるため、血糖値が高い状態では、分泌が低下します。

寝る前に食事をすると、血糖値が上がり、せっかく睡眠をとっているのに、疲労回復に役立つ成長ホルモンが十分に出ないという残念な結果になるのです。

また、寝る前にとったエネルギーは消費されないので、そのまま蓄積され、肥満の原因になります。

仕事で夜帰宅が遅い人は、寝る直前に食事をしている人もいるでしょうが、寝る前2時間以内の食事は、避けたいものです。

眠気が強まったときに布団に入ると、ストーンと深い眠りに入るので、成長ホルモンがたっぷり分泌されます。

逆に、せっかく眠気が出ているのに、「やることがあるから」と眠気を我慢すると、眠るタイミングを逸し、睡眠は深まりません。

眠気が出たタイミングで、すぐに眠る」というのは、深い睡眠、そして疲労回復のためにとても大切なことです。

当店の頭ほぐしはほとんどの方が寝てしまわれます。

そして、夜の寝付き、睡眠がよくなり、ぐっすり寝られたと言われることが多いです!!

また、不眠症の方が寝られるようになったという例もあります。

睡眠の質を高めるためにも活用してみてください。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP