睡眠不足のパターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当店でしか受けられないサービスを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

眠れない場合

特にコーヒーや紅茶などのカフェインを摂りすぎないことは重要で、簡単に取り入れられる方法です。

カフェインの効果は5〜7時間続くといわれているため、昼食後にはなるべく取らないよう心がけましょう。

カフェインは胃の負担にもなりやすく、睡眠不足だけでなく他の不調を引き起こすことにも繋がります。

夜中に目が覚めてしまう場合

夜中に目が覚めてしまう原因として考えられるのは、主に2つあります。

一つは寝る直前に食事をとることで、体が消化のためにエネルギーを必要とし、体が休まらず眠りが浅くなるパターン。消化の時間に合わせて寝る3時間前には食事を済ませることで対処できます。

また、頻尿で夜中に何度も目が覚めてしまう人もいるでしょう。頻尿というのは、体の中の水分と電解質のバランスが崩れることによって起こりやすくなります。寝る30分前にコップ一杯の水に天然塩をひとつまみ入れて飲むなど、これらのバランスを調整する方法を試してみましょう。

睡眠できる時間が短い場合

毎日忙しくて睡眠時間を多くとれないという人は、時間ではなく睡眠の質を上げることに注力してみましょう。

質を上げるためには寝る前にできるだけリラックスした状態をつくることが重要。

寝る前に2分程度のストレッチをすること。

特に手先や足先、股関節を中心にすると効率よく体が温まり、血行もよくなります。

心拍数を下げるために深呼吸をするのもいいでしょう。

呼吸に集中するために、ベッドに入って仰向けの状態で部屋を暗くし、5秒程度を目安に深呼吸することをお勧めします。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP