偉大なる短時間のお昼寝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気の「頭ほぐし×眼精疲労ケア×ボディコース」

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラクゼーション 春日井NO.1へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

睡眠時間が短かったり、寝不足気味なので、

昼寝で補うのはどうなんでしょうか?

夜眠れなくなるからダメ、ってことも聞いたことありますけど、、、

という質問があったので簡単に解説していきます

慢性的な睡眠不足にさらされている現代人にとっては、30分程度の短時間の昼寝は効果が大きいです。

日中のパフォーマンスは上がりますし、認知症のリスクを下げることもわかっています。

たとえば2000年に、日本の国立精神・神経医療研究所センターで、アルツハイマー患者337人とその配偶者260人を対象に、昼寝の習慣を調査したところ

昼寝の習慣が1日あたり30分未満のグループは、昼寝の習慣がない人よりも認知症の発症率が約7分の1程度でした。

逆に1時間以上の昼寝を習慣にしてる人は、昼寝の習慣がない人に比べて認知症の発症率が2倍も高いと報告がありました。

もし昼寝で1時間以上も寝てしまうという人は、慢性的な睡眠不足の可能性大です。

体内時計、生活リズムの見直しや睡眠の質を高める努力をしたほうが良いです。

なので、短時間のお昼寝は日中のパフォーマンスも上がるので

ぜひ行ったほうがいいと思います!

関連記事一覧

PAGE TOP