睡眠の質を高めるpage.6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気の「頭ほぐし×眼精疲労ケア×ボディコース」

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラクゼーション 春日井NO.1へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

眼精疲労やドライアイに対するブルーライトの影響などの研究が過去にありました。

結果、波長の短いブルーライトの光のちらつきが、眼精疲労など目の症状に影響することが確認され、頭痛を引き起こしたり、視力の低下を招くと言われています。

ドライアイについては前述でお話ししましたので割愛します。

(前述をチェックしてください)

なので、今回はブルーライトについてです。

ブルーライトカットのメガネなど多く出ており、なんとなくよくないのかなって思っている方も多いと思います

特に寝る前スマホは良くないと言われています。

そもそもブルーライトとは波長の短い青色の光のことです。

可視光線の中で紫外線に一番近い波長域で、目の奥の網膜まで届く、高エネルギーの光です。

ブルーライトの影響が人体のどこに及ぶか、明確に言えることは実は多くありません。

ブルーライトは波長が短いため光が散乱しやすいという性質があり、目のピント調節機能に負担がかかります。

集中してLEDモニターを凝視することでまばたきが減少します。(ドライアイにつながる)

また、影響の一つである体内リズムの不調は、自律神経系だけでなく免疫系などにも影響を及ぼします。

体内リズムの乱れは肥満やメタボ、糖尿病など生活習慣病のリスクも高めると言われます。

寝る前スマホしている方は睡眠の質を下げるだけでなく

目の疲れも感じやすくなっていますので、

「頭ほぐし×眼精疲労ケア×ボディコース」で癒されて見てはいかがでしょうか??

関連記事一覧

PAGE TOP