肩こり 僧帽筋からアプローチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背・骨盤からの首肩のだるさ、腰の重だるさ、眼精疲労に

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラクゼーション 春日井NO.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間は座っている「だけ」で疲れる。

肩コリ、腰痛、首コリ、猫背、むくみの原因は「座り仕事」がほとんどである。

「ただ座っているだけなのに、なぜ疲れてしまうのか」。

その答えはシンプル。

「筋肉は動かさないと硬くなる。硬くなると、血流が悪くなり、コリが生まれる」。

硬くなった筋肉を徹底的にほぐし、コリをとる。

それには自分でセルフケア(ストレッチ、筋トレ)しかない。

自分じゃできない時はほぐされに来てください^^

「肩こりが酷くて」と症状を訴えてくる方は、肩をもむ動作をします。

まさにその位置にあるのが僧帽筋という筋肉です。

首から肩、そして背中へと大きくつながっている筋肉です。

ではここをセルフケアのストレッチで緩めましょう。

後頭部に両手を組み会釈するように頭を真下に落とすと、首の後ろ、背中が伸びます

関連記事一覧

PAGE TOP