睡眠について考えてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コツコツがコツ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

適切な睡眠時間については、いろいろな研究結果から、7~8時間が目安といわれています。

ただし、一人一人の体質や生活内容で大きく異なるため、自然に眠れて、日中眠くて困ることがない程度の時間を目安にするのがいいです。

「最低でも8時間は眠らないといけない」と、眠る時間を気にしすぎると、かえってそのプレッシャーから眠れなくなってしまうことも、、

長い間布団に入っていても眠れないと悩むことも不眠につながるので、睡眠不足の解消には、自然に眠くなる時間に寝床に入るなどするといいです。

私たちの体は、体内時計の働きによって、夜には眠くなり、朝には目が覚めるようにコントロールされています。

これは、脳(視交叉上核と呼ばれるところ)が担っています。

同じころ、体内時計を調整するホルモンであるメラトニンが分泌を始め、入眠を促します。


そして朝方になると、覚醒作用を持つ副腎皮質ホルモンの分泌が始まり、それと同時に体温も高くなり、目が覚めるのです。

メラトニンの分泌もなく、体温も下がっていない時間帯に眠ってしまうと、たとえ眠りについたとしても体内時計とのずれで時差ぼけのような状態に陥ってしまいます。

その結果、眠りが浅かったり、早く目が覚めてしまったりして、満足感が得られなくなってしまいます。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP