何事も準備で決まる!!スムーズな入眠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼精疲労、ヘッドマッサージ でお探しの方
春日井マッサージ でお探しの方

ぜひほぐし屋かすがいにお越しください。

ご予約は営業時間内にお電話にてお受けしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

ストレスの多い生活を送っていると、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなったりすることはありませんか?

布団やベッドに入ってから1時間以上眠れない、夜中に何度も目が覚める、という方もいらっしゃることでしょう。

ぐっすり眠るためには、副交感神経を優位にして体温を上げ、心身ともにリラックスした状態を作ることがポイントです。

そもそも

睡眠不足になることをしていませんか?

  1. 寝る前にPCやスマホの画面を見ていませんか?
    動画を見たり、SNSでやりとりをしたり、大音量で音楽を聴くなどは、脳への刺激となります。
  2. 布団に入ったまま、考え事などをしていませんか?
    人間関係や仕事での悩みなど、寝る前にあれこれ考えてしまうと脳が覚醒しやすくなります。
  3. 寝る直前や数時間前にコーヒーなどのカフェインを含む飲み物を飲んでいませんか?
    カフェインは覚醒作用のある代表的な成分のため、寝る前に飲むと寝つきが悪くなります。

睡眠の質を改善するために必要なことは?

睡眠時間が長ければ良いというわけではありません。睡眠の質が重要です。
睡眠の質とは「よく眠れたと感じるかどうか」です。

短時間の睡眠でもよく眠れたという実感があれば、翌朝起きたときに眠気や体の疲れを感じにくいものです。

睡眠の質を高めるには、寝つきにくくする行動を避ける以外にも方法はあります。

寝つきを良くするために、体温を上手くコントロールしてみましょう。

そのカギとなるのが「入浴」です。

また、足をぐるぐる回す、足指をグーパーさせて曲げ伸ばしするなど、温まって血行がよい状態をキープするようにしましょう。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP