熱中症に負けるな!!より効果的な水分補給とは・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼精疲労、ヘッドマッサージ でお探しの方
春日井マッサージ でお探しの方

ぜひほぐし屋かすがいにお越しください。

ご予約は営業時間内にお電話にてお受けしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近ではジムにトレーニングに行かれる方なども増え

汗をかく機会が増えていると思われます。 (岩盤浴なども)

また、これからの時期熱中症になるリスクも上がっていきます。

そんな時はこまめに水分補給が必要!!

水分補給の認知度はかなり上がっていると思います。

そこで、今回は

より効果的な水分補給についてお伝えします。

一般的に、人の1日の水分出納は約2.5Lです。

夏場は汗をかく分、意識して水分の摂取を心がける必要があります。

水分補給として一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質バランスを崩して体調不良を引き起こしてしまいます。

飲む量は、かいた汗の量を目安にし、汗で失われる塩分(ナトリウム)もきちんと補給しましょう。

本当の意味での水分補給とは

単に、口からカラダの中に水分が入っただけでは、本当に吸収されたとは言えません。

腸から吸収されて、血管の中に入ってはじめて、本当の意味でカラダに吸収されたと言えるのです。

熱中症予防の水分補給として、日本スポーツ協会では、0.1~0.2%の食塩(ナトリウム40~80mg/100ml )と糖質を含んだ飲料を推奨しています。

特に1時間以上運動をする時は4~8%の糖質を含んだものを摂取しましょう。

冷えたイオン飲料や経口補水液の利用が手軽ですが、

自分で調製するには1リットルの水、ティースプーン半分の食塩(2g)と角砂糖を好みに応じて数個溶かしてつくることもできます。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP