諸説ありシリーズ【あれが食べたくなる】part2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当店でしか受けられないサービスを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

甘味が欲しい時

SOSの発信場所:消化器関連、胃、口

心:強い疲労感、落ち込み

体:疲労、口内炎、食欲不信、胃もたれ、下痢、嘔吐

甘味には栄養分を補給し体力不足低下を補う、胃腸の働きを整える働きがあります。

摂りすぎると腎臓、膀胱、耳の不調の原因となり体にだるさが生じることがあります。

辛味が欲しい時

SOSの発信場所:大腸、肺、鼻、皮膚

心:悲しい気持ち

体:鼻炎、鼻水、冷え、咳、むくみ、便秘、下痢、乾燥肌

辛味には血液循環を改善して体を温め、発汗を促す働きがあります。

とり過ぎると肝臓や目の不調の原因となったり、爪が弱くなったりすることがある。

塩味が欲しい時

SOSの発信場所:腎臓、膀胱、成長や美容の働き

心:不安、恐怖

体:聞こえづらい、耳鳴り、頭痛、めまい、生殖器官の衰え、頻尿抜け毛、白髪、老化現象

塩味は他の味を吸収しやすくなると同時に新陳代謝を活発にする働きがある。

摂りすぎると血圧が上がったり、小腸、腎臓の機能に悪影響が出る可能性がある。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP