バーピージャンプで刺激される筋肉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「頭ほぐし×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当店でしか受けられないサービスを!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バーピージャンプでは、体の大きな筋肉を鍛えられます。

鍛えられる筋肉は1カ所ではなく、複数の部位の筋肉の筋トレ効果や筋持久力のアップ効果があります。

主に鍛えられる筋肉は大胸筋、大殿筋、大腿四頭筋(もも前の筋肉)、ハムストリングス(もも裏の筋肉)。

特に下半身に着目して伝えていきます。

大臀筋とは、お尻の筋肉で、筋肉単体としては体の中で最も大きな筋肉になります。お尻全体を覆っており、鍛えることでヒップアップやウエストのシェイプアップ、脂肪燃焼効果、基礎代謝アップなどが期待できます。

バーピージャンプでは、しゃがんでジャンプをする瞬間など、膝を伸ばすタイミングで鍛えられる筋肉(大腿四頭筋)なので、しっかりと思い切りジャンプしなければ思うように筋肥大していきません。

大腿四頭筋を上手に鍛えていけば、太もも前側を引き締め、脚痩せ効果も期待できますよ。

ハムストリングスは足を伸ばす動作、足を縮める動作、ジャンプする動作など様々な動きをサポートしています。

基礎代謝の大幅な上昇、脚痩せ効果などが期待できます。

脚痩せで気になるふくらはぎは

地面を蹴る、握るなどすると鍛わってしまうので歩く時など足の指を意識している方はし過ぎないように注意しましょう。

しかし、浮指になるリスクもあるのでお気をつけて

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP