新型コロナの影響でストレス感じてませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

頭ほぐしだけじゃない 地域NO.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

疲労回復も疲れが残るのも、疲労感を左右しているのが自律神経です。

自律神経は疲れやストレスを回復させるために、副交感神経と交感神経の2つがバランスをとりながら、生活リズムを整えています。

例えば、朝起きると交感神経が優位になることで、シャキッと目覚めて活動が活発になります。

そして、夕方頃から徐々に副交感神経が高くなってくることで、体はお休みモードへ移行する準備を始めます。

ところが、副交感神経が高くなっているはずの夜中まで、テレビやスマホを見ていると自律神経は緊張状態になり、交感神経が優位な状態が続きます。

その結果、寝付きが悪くなったり、1度眠れたとしても睡眠の質が下がってしまうため、疲れが取りきててないんです。

また、生活習慣だけでなく、ストレスによっても自律神経は乱れます。

日中、イライラしたり、緊張する場面が続くと、交感神経が急上昇。夜になっても交感神経がなかなか下がらないので、不眠状態になることもあるのです。

新型コロナウイルスの影響であまり家からでれず、気づかぬ間にストレスを感じているかもしれません。

では、実際どうすればいいか?
続きは次回

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP