夏は意外と太りやすい!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼精疲労、ヘッドマッサージ でお探しの方
春日井マッサージ でお探しの方

ぜひほぐし屋かすがいにお越しください。

ご予約は営業時間内にお電話にてお受けしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

私達の体は、生きているだけでエネルギーを消費しています。

生きていくために必要な最低限のエネルギーを「基礎代謝」といいます。

体の中でエネルギーが作られる際には「熱」が生じますが、基礎代謝が低い人はこの熱が生じにくく、「冷え」を感じやすくなる原因になります。


さらに、基礎代謝が低いということは「摂取した栄養をエネルギーに変える効率が悪い」とも言えます。

このため、栄養が蓄積されて脂肪になりやすいです。

ちなみに、

「汗をかくので、夏は痩せやすい季節」と思われるかもしれませんが、実はその逆で、1年の中で夏が最も基礎代謝が低下する季節です。

一番基礎代謝が高くなる季節は冬で、体が寒さに耐えようと積極的にエネルギーを作り出し、体内で熱を放出します。

反対に夏は暑いため、相対的に代謝が低くなり、体は冷えやすく太りやすい状態になってしまうのです。

また、暑い外とクーラーが効いた室内との往復が増えるため、体温が調節されにくくなり、自律神経の乱れが起きやすくなります。

「暑いから」と冷たい飲食物をとることが続くと体の中からも冷えるため、体は体温をどう調節したらいいのか困ってしまいます。

自律神経の乱れは「冷え」をさらに助長するため、夏場は特に注意が必要です。

体温が1℃下がると、基礎代謝は約12%も下がるといわれています。

ほぐし屋かすがいの整腸温活で夏こそ冷えの対策をして

猛暑を乗り切っていきましょう!!

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP