寒暖差疲労とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気「ヘッドスパ×眼精疲労×ボディコース」
ホットペッパービューティー掲載店。

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話
もしくはホットペッパー(24時間)からの
ご予約お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 春日井でヘットスパといえば ”ほぐし屋かすがい”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寒暖差疲労とは、気温差(7℃以上)が大きいと起こりやすくなるもので、体温を調節する自律神経が過剰に働いてしまい、全身倦怠感、冷え症、頭痛、首こり・肩こり、胃腸障害、イライラ、不安、アレルギー(鼻炎症状)などの様々な症状が出てしまう、「気象病」の1つです。

この寒暖差疲労の対策として有効なのが、血流を良くすることです。

即効性があるものとしては耳のマッサージがお勧めです。。

やり方は4段階あります。

①親指と人さし指で両耳を軽くつまみ、上、下、横にそれぞれ5秒ずつ引っぱる。

②耳を軽く横に引っぱりながら、後ろ方向に5回ゆっくりと回す。

③耳を包むように折り曲げて、5秒間キープする。

④手のひらで耳全体を覆い、後ろ方向に円を描くようにゆっくりと回す。これを5回行う。

その他にの対策は、とにかく体を冷やさないということで、“3つの首”、「首」、「手首」、「足首」を温めるといいということです。

ぬるめのお風呂に15分~20分、ゆっくりつかって体を温めるとよいそうです。

お風呂にから出て1時間ほどたつと、体温が下がり眠気が出るので、そのタイミングで眠ると、“質の良い睡眠”になって、自律神経のバランスもよくなるということです。

あとは晴れた日に、日光を浴びて体を温めることも重要だということです。

当店の温活やヘッドマッサージも対策としてはオススメしています。

関連記事一覧

PAGE TOP