ウォーミングアップとしてのストレッチ間違えてませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

頭ほぐしだけじゃない 地域NO.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「試合前なんだからしっかりとストレッチをしろよ」

以前は良く聞いたセリフですが、

「静的なストレッチを運動前に行うと、筋力・パワーが低下するから避けるべきである」ということを聞いたことありますか?

現在ではウォーミングアップで静的ストレッチを行なわないことも増えてきたのではないでしょうか

静的なストレッチとは、反動を使わずに十数秒~数十秒間静止したまま1つの部位を伸ばすような、いわゆる一般的なストレッチのことです。

主に柔軟性、可動域の向上のためによく行われています。

「動的ストレッチ」(ダイナミックストレッチ)では自らの力で筋肉をストレッチさせながら動かすことで、可動域の向上のみならず、①筋温の上昇②神経筋活動の活性化が起こり、パフォーマンスを向上させると言われています。

運動前に静的ストレッチを行うとパフォーマンス能力が低下し、逆に怪我のリスクが上がってしまいますが、

運動後のクールダウンとしては疲労回復効果もあり効果的ですし

普段の「柔軟性トレーニング」としては静的ストレッチが効率的です。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP