最近の雨による影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気の「頭ほぐし×眼精疲労ケア×ボディコース」

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リラクゼーション 春日井NO.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近の雨の降り方が物凄いですが

雨で古傷が痛むとか頭痛、肩こりがひどくなることありませんか?

それは天気病とか気象痛とも言われることがあります。

事実、

気圧,気温の変化が慢性痛に影響を与える要素であることは明らかになっています。

しかし、

メカニズムの複雑だとも言われています。

ある研究とこれまでの報告から,

慢性痛は日常体験する程度の気圧あるいは温度変化で容易に修飾を受ける。

その気圧低下による痛み増強のメカニズムには内耳と交感神経の興奮,

低温不耐性による痛みの増強には皮膚の求心神経線維,TRPチャネル両者の変容と交感神経の興奮性の変化が関与しているものと考えられる。

と、報告されています。

TRPチャネルとは

温度感受性Transient Receptor Potentia(TRP)チャネルは,

温度のみならず多くの化学 的・物理的刺激を感受するセンサーとして多様な生体機能に関わっている

内耳とは

脳の聴覚神経に音の振動を伝えます。

また、内耳は体の平衡感覚をつかさどり、バランスをとる役目をしています。

つまり

雨で古傷が痛むとか頭痛、肩こりが強くなる時は

気になるところをおしぼりなどで皮膚を温める。

また、お風呂や深呼吸などをしてリラックスすると

雨の時の不快感は軽減すると思います。

関連記事一覧

PAGE TOP