花粉症 疲れにくい体がポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫背、骨盤、眼精疲労に特化した専門店

「ほぐし屋かすがい」で検索!!

ご予約は営業時間内にお電話もしくはホットペッパーからの事前ご予約でお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

頭ほぐしだけじゃない 地域NO.1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

花粉の真実・・・水分に触れると割れる!?

花粉が鼻の中に入ると、外側についているアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす物質)が鼻粘膜に付着し、炎症が起こります。

花粉は鼻粘膜の水分に触れるとパカッと割れて、中から別のアレルゲンが出てきます。

この2段階の攻撃が鼻粘膜を襲い、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状を引き起こします。

花粉が割れるという驚きの現象は、実は花粉が受粉するときに必要な仕組みで、

花粉は私たちの鼻粘膜を、いわば雌しべだと勘違いして割れてしまうのです。

対策としては鼻腔に ワセリン が推奨されているようです。

また、抵抗力がポイント

「疲れ」はアレルギーの大敵です

花粉症というと、とかく「花粉」ばかり注意しがちですが、それと同じくらいに大切なのが体調を整えることです。

自律神経のバランスが良いと、花粉が入ってきて、花粉症(アレルギー症状)が起こらないこともあります。

疲れをたまると副交感神経の緊張が高まったり、交感神経がおさえられていたりすると、肥満細胞からヒスタミンが放出されやすくなり、症状が出やすいです。

バランスとれる生活

一定のリズムをもって、身体にストレスを与えない、疲労をためない、 バランスとれる生活をしましょう。

関連記事一覧

新しい記事

カテゴリ

PAGE TOP